初めて不動産投資セミナーに参加する時の注意点

最近ではサラリーマンが融資を受けて不動産投資をするという話も耳にしますが、例えば、頭金なしで融資が組めるという甘い話を不動産投資セミナーで聞いてしまうと、悩んでいた人の中にも、頭金がいらないなら手が出しやすいと案外簡単に勘違いをしてしまう人がいるのではないでしょうか。不動産投資に興味を持った人が、独自に本やインターネットで学んだ次の段階として不動産投資セミナーに参加をすることは大変有意義なことですが、勘違いから安易に不動産投資に手を出すと、実際には借金まみれになってしまったケースも多々あります。偏った情報ばかりを発信するセミナーにはぜひとも注意をして頂きたいです。こうした例以外にも初めて不動産投資セミナーに参加をする時に注意をして頂きたい点をいくつか解説しておきます。解説する注意点に気をつけながら目的を持って自分に最適なセミナーに参加をしてください。

参加する不動産投資セミナーについて、前もって調べておこう

不動産投資セミナーに参加するにあたって、事前にセミナーの内容をチェックしておくことが大切です。例えば、過去に開催実績があるのであれば、口コミレビューはないか調べてみることです。また、主催が不動産業者になっているのか、外部講師を招いたものなのかも確認しておく必要があります。無料の不動産投資セミナーの中には、不動産業者が主催の場合において、不動産物件の販売をしてセミナーの費用を回収しようとしていることがあるので注意が必要です。外部の講師を招いて行なっているセミナーでは、不動産投資を行っていない人でも、講演をしていることもあります。同じ時間を割いてセミナーを受けるのであれば不動産投資に実践している方の講演のほうがノウハウも実践的でためになります。こうした、講師のプロフィールや主催会社については、当然のこととして、セミナー参加前に必ずインターネット等で確認しておくべきです。

メリットばかりでなく、不動産投資のデメリットもセミナーで学ぼう

セミナー当日に注意する点としては、セミナーの内容を全て鵜呑みにしてしまわないことです。中には難しい単語ばかりを並べて割高の物件を購入させようとする悪徳不動産業者もいます。知ったかぶりはせず、分からないことがあれば質問したり、帰宅後に調べてみることをおすすめします。また、メリットばかりを並べるセミナーにも注意が必要です。不動産業者のセミナーには営業トークも含まれる為、見極めが大変重要です。成功体験だけを聞いているとリスクや失敗の可能性が見えにくくなりがちです。不動産投資セミナーの中には、不動産投資で失敗した人達が行なっているセミナー等もあり、こうしたセミナーで失敗談を聞いておけば、同様の失敗を防ぐことに繋がります。デメリットや失敗例をよく聞いて、自分の不動産投資の成功に役立ててください。